1946年に設立された日本のベテランオーディオ会社であるオンキヨーは破産を申請しました

5月16日、日本の有名なオーディオ機器メーカーであるオンキヨーホームエンターテインメントが大阪地方裁判所に31億円の債務で破産を申請した。破産管財人の弁護士は5月13日の記者会見で、「市場の縮小と(事業の)規模の拡大により、収益は悪化している」と述べた。 Onkyoには約500人の債権者がいます。そのうち約250社はクラウドファンディングでアンプなどを先行予約した消費者で、同社は納品できなかった。

オンキヨーは日本最大のオーディオ機器製造会社です。1946年に設立されました。2000年代に入ると、AppleのiPodやスマートフォンの普及に伴い、従来のHiFi製品が大きな影響を受け、パフォーマンスが低下しました。

オンキヨーは、新たな展開を模索するため、ここ数年、中国やアメリカの企業と協力し、パイオニアオーディオカンパニーのヘッドホン事業を統合しました。しかし、ホームオーディオ市場の急激な縮小により、ONKYOは新たな借金を得ることができませんでした。

オンキヨーは2021年8月、東京証券取引所からの上場廃止を発表しました。同社を浮き上がらせるために、同年9月にホームビデオ事業をシャープと米国のオーディオ機器大手VOXXに売却し、ヘッドホンとヘッドホン事業を投資ファンドに売却した。しかし、資本回転が困難なため、債務の返済ができず、新規融資も非常に困難でした。今年3月、プロのスピーカーを生産した子会社が倒産を宣言しました。

シャープとVOXXの合弁会社は、今後も「ONKYO」ブランドを継続して使用していくとのことです。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.