日本の残業は過去9年間で半減しました

2021年までの9年間で、日本の平均残業時間は半分になり、有給休暇の消化率は1.5倍に達しました。従業員レビューサイトを運営している日本のOpenWorkによる最近の調査によると、国内企業の働き方改革は大きく進んでいます。 「待遇に対する満足度」など、従業員の意欲に関する指標も改善しました。

すべての業界の残業は、2021年には月平均24時間で、2012年の46時間から半分になります。同じ期間に、有給休暇の消化率も41%から60%に増加しました。その理由は、2019年に施行された関連する働き方改革法に基づき、日本が残業時間に上限を設けており、新たな王冠の流行により、在宅勤務などの柔軟な働き方が一般的になっているためです。

「観光とホスピタリティ」や「小売」などの業界では、残業時間が60%以上大幅に減少しました。その中には、流行時の営業時間の短縮などの要因もあります。有給休暇の消化率は、「建設・民間」・「不動産・住宅」業界で2倍以上になり、大幅な改善となっています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.