日本のGDPは第1四半期に0.2%減少しました

5月18日の京堂ニュースの報道によると、18日に内閣府が発表した2022年第1四半期(1月〜3月)の国内総生産(GDP)の暫定値は、価格を除いた実質GDPを示した。変化は前四半期と比較して0.2減少し、年率は1.0%減少しました。マイナス成長が発生したのは四半期で初めてです。

伝染性の高いオミクロンウイルス株の蔓延により、日本はレストランの営業を制限するなどの重要な対策を講じており、個人消費の伸びは鈍化しています。 1月から3月までの個人消費は前月比横ばいでした。設備投資は0.5%増加し、住宅投資は1.1%減少しました。政府消費(政府支出)は0.6%増加しました。輸出は1.1%増加し、輸入は3.4%増加し、GDPを計算する際の輸出の外需から輸入を差し引いたものがマイナス成長に寄与しました。海外からの新しいクラウンワクチンの購入は、輸入の増加につながりました。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.