日本は新たなエピデミックの波のリスクに直面しています

5月17日、日本は36,903人の新たな冠状動脈性肺炎の確定症例と39人の新たな死亡を報告した。現在、日本における新たな冠状動脈性肺炎の確定症例数は844万人を超え、死亡者数は3万人を超えています。東京医科大学の濱田篤教授は、第6波がまだ終わっていないのに、日本は第7波のピークに入るとの記事を発表した。

今年1月中旬、日本政府は、新たな冠状動脈性肺炎の診断と治療、および予防と管理措置の基準を緩和しました。日本は3月21日以降、全国的なエピデミック対策を解除し、地方自治体も夕食会や大規模行事の人数制限を徐々に緩和してきました。エピデミックの予防と管理の緩和により、自宅で確認された症例と死亡が継続的に増加しています。 4月中旬には、岩手、新潟、鹿児島などで新たに確認された症例の週平均が過去最高を記録しました。メディアの報道によると、流行のピーク時には、医療機関は一般的に過負荷になり、通常の医療ニーズが影響を受け、国民の健康が脅かされました。

日本の厚生労働省が最近発表したデータによると、今年の第1四半期に、日本では少なくとも555人の新しい冠状肺炎患者が自宅で死亡し、そのうちの70%近くが診断後の自宅隔離中に死亡しました。 。死亡者の89%は60歳以上の高齢者でした。さらに、日本経済ニュースによると、オミクロン株による感染の後遺症は、若年および中年の日本人の間でこれまでになく明白になっています。東京都渋谷区の平畑クリニックには、新しい冠状動脈性肺炎の後遺症の治療を専門とする外来クリニックがあります。今年の第1四半期にクリニックがオミクロン株の後遺症患者の統計を行った後、20〜49歳の患者が全258人の患者の77%を占め、そのうち20〜39歳の患者が上昇傾向を示したことがわかりました。 ;オミクロン頭痛、倦怠感、息切れなどで仕事を中断せざるを得なかったウイルス株の後遺症の患者の割合は、以前の40%から50%以上に増加しました。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.