日産の全固体電池が量産に向けて進んでいます

日産は、新世代の全固体電池の試作装置を初めて発表しました。現在の主流の純電気自動車(EV)用リチウムイオン電池と比較して、航続距離の延長など、大きな可能性を秘めた全固体電池の開発競争はますます激しくなっています。現在市場に出回っている人気のあるパワーバッテリーは液体電解質であり、全固体バッテリーとは、充電と放電の原因となるイオンが通過する電解質が液体ではなく固体であるバッテリーを指します。現在、全固体電池の製造工程は手作業が多く、絶え間ない探求の段階にありますが、日産は2028年に量産を開始する予定です。

以前、日産は全固体電池の技術説明会をオンラインで開催していました。ルノー・日産・三菱アライアンスのグローバルバイスプレジデントで日産研究所所長の土井光弘氏は、日産は2022年に実験室レベルの実現可能性調査を実施し、2024年に横浜にパイロットプラントを建設し、全固体電池を立ち上げると述べた。 -2028年の全固体電池。生産車。

Doi Sanhao氏は、全固体電池には、エネルギー密度が高く、サイズが軽くて小さい、高速充電性能が優れている、安全性があるという利点があると指摘しました。日産は、全固体電池に加えて、リチウムイオン電池技術の研究開発に取り組み、コバルトフリー技術を導入しています。もちろん、リチウムイオン電池へのコバルトフリー技術の適用に加えて、全固体電池にも適用されます。

昨年末に発表された日産のVision2030によると、全固体電池のコストは2028年までに1キロワット時あたり75ドルになり、将来的にはさらに1キロワット時あたり65ドルに下がり、電気自動車のコストはガソリン車。そしてそれまでに、全固体電池を搭載することで、電気自動車は航続距離を大幅に延ばし、充電時間を短縮することができます。

日産に加えて、トヨタなどの競合他社も全固体電池の開発を開始し、台湾の慧能技術など、2022年中に大量生産を計画しており、競争はますます激しくなっています。日産は、これを材料段階から車両生産までの完全に自律的な進出における利点と見なしています。全固体電池がようやく試作段階に入った状況で、日産は提案されたロードマップを着実に実行し、これに基づいて最初に小さな結果を達成する必要があります。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.