日本の消費者物価指数は4月に前年比2.1%上昇し、約7年間で最大の上昇となった

共同通信によると、総務省は20日、全国消費者物価指数(生鮮食品を除く2020年は100)が101.4で、昨年同期比2.1%上昇し、最大の上昇となった。約7年で。

報告書によると、2015年3月の消費税増税により2.2%に達した。

報告書は、この増加は主に、ロシアとウクライナの紛争による資源価格の上昇と円安によるものと考えています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.