ソニーとホンダが電気自動車事業を対象とした新会社設立のための合弁契約を正式に締結

6月16日、ソニーグループ株式会社と本田技研工業株式会社は、高価値電気自動車(EV)の販売とモビリティサービスを提供する新会社を設立するための合弁契約を締結したと発表した。新会社のソニーホンダモビリティ株式会社は、日本の東京にあり、登録資本金は100億円で、両社が株式の50%を保有しています。

ソニーとホンダは2022年に新会社を設立し、2025年に電気自動車の販売とモビリティサービスの提供を開始する予定です。新会社の設立と開設は、関連する規制当局の承認が必要です。

両社は今年3月4日に「ソニーとホンダがモビリティ分野で戦略的提携を結ぶ」と発表したとのことで、協議・推進後、合弁会社設立を計画している。開発力、ボディ製造技術アフターサービス管理の経験と、イメージング、センシング、テレコミュニケーション、ネットワーキング、エンターテインメント技術の開発と応用に関するソニーの専門知識を組み合わせることで、よりユーザーフレンドリーで環境に適応できる新世代のモビリティが可能になります。進化し続けます。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.