日本の通信大手NTTは、約30,000人の従業員がリモートで作業できるようにしています

日本電信電話(NTT)は数日前、7月から全国どこでも自由に暮らし、働くことができる制度を導入すると発表した。

日本電信電話株式会社(NTT)は、従業員の居住地を制限せず、日本国内のどこにでも住むことができます。同時に、会社は交通費の統一償却上限を設定せず、従業員が通勤するための宿泊費を支払い、従業員は東京で働くために飛行機に乗ることさえできます。 6月中旬、NTTは関連システムの導入について労働組合と合意に達した。まず、NTT、NTTドコモ、NTTデータを含む7大企業をターゲットにしています。 7社の従業員数は6万人で、その半数が在宅勤務を許可されており、徐々に適用範囲を拡大していきます。

NTTは2021年から、従業員の勤務方法を原則として在宅勤務に変更し、将来的には「転勤」「シングルアポイントメント」制度の廃止を提案しているとのことである(家族を一人で働かせない)。このフリーランスの働き方は、従業員の満足度を高め、最高の人材を引き付けるのに役立つと期待されています。

NTTが提供するサービスもリモートに変わりつつあります。 NTTは公式サイトで、大流行後、人々の生活や企業のあり方が大きく変わる可能性があると述べ、そのような時代にあって、NTTグループはデジタル技術の活用などの技術開発などのイノベーションを通じて社会問題の解決に取り組んでいます。新しい社会システムの構築など。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.