日本は未登録の小型ドローンの飛行を禁止する新しい規制を開始します

共同通信によると、日本は6月20日、小型ドローンなどの無人航空機の所有者の登録を義務付ける制度を開始した。

規制の小型ドローンとは、体重100グラム以上のバッテリーを搭載したドローンを指し、事故や紛争が発生した場合にホルダーを素早くロックすることを目的としています。未登録のドローンの飛行は禁止されており、違反者には最高1年の懲役または最高50万円の罰金が科せられます。国土交通省によると、17日現在、約21万件が事前に登録されている。

人口密集地での飛行など、航空法に基づく制御対象についても、小型ドローンの航続距離が最近改善されたことにより、以前の200グラム以上から100グラム以上に拡大されました。

登録制度によると、所有者は、航空機の名前、住所、モデルなどの情報を外務通信省に申告する必要があります。手数料をお支払いいただき、識別番号を取得してください。繰り返し事故などの安全上の問題がある場合、登録はできません。番号はステッカーなどで体に表示する必要があり、情報は飛行中に短距離無線通信「Bluetooth」を介して送信されます。事前に政府に申告された特定の地域で一定の強さのロープを使って飛行している場合は、それを送る必要はありません。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.