日本は留学生の数を回復するための5カ年計画を設定します

日経新聞は6月21日、新たな大流行の影響で停滞していた留学活動を再開するために、文部科学省がサポートシステム。 5年間で2027年を目標に、エピデミック前に30万人以上に戻ることを認めた留学生、10万人以上に戻るために留学する日本人学生の数。

エピデミックにより日本が出入国制限を課した後、留学生も日本人学生も減少した。留学生を増やすために、日本はより多くの才能を獲得するための主要な地域を指定します。かつては理工系の人材が比較的少なかったので、今後は人材を増やしていきます。日本で勉強したい人を特定するために、公費で以前に日本で勉強したことがある人に援助を求めます。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.