エピデミックの影響を受けて、日本の家電製品の出荷台数は2ヶ月連続で減少しました

新たな王冠の流行が世界中に広がり続けている影響を受けて、5月の日本の家電製品の出荷は2ヶ月連続で減少しました。

日本電気機械工業会によると、先月の家電製品の出荷額は、前年同期比11.1%減の1,894億円で、2ヶ月連続で前年同期を下回った。

報道によると、新たな王冠の大流行の影響で、多くの部品や部品の供給が遮断され、日本の工場が閉鎖され、エアコンや洗濯機などの生産に悪影響を及ぼしました。

商品別では、冷蔵庫の出荷額は前年同期比1.8%減の321億円となり、1ヶ月ぶりに再び減少しました。現在、新たに確認された新たな冠状動脈性肺炎の症例も減少傾向にありますが、日用品の購入・保管の需要は依然として非常に大きいため、工場を出る冷蔵庫の4割近くが大容量です。冷蔵庫。

また、エアコンの出荷台数は732億円、洗濯機の出荷台数は184億円で、前年同期を2ヶ月連続で下回りました。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.