日本のJR西日本は、「職場での怪我ゼロ」を目指して、ヒューマノイド重機ロボットを開発しています

西日本旅客鉄道(略してJR西日本)は、重機とロボットを組み合わせてVR連携のヒューマノイド重機ロボットを開発・製作し、高所で動作するロボットの実証実験を行い、「職場での怪我ゼロ」を目指しています。

ヒューマノイド重機ロボットは2024年に実用化が見込まれており、人間のアバター(代替品)としてロボットが重労働を行う時代が到来しています。

今年4月15日、労働力不足を解消し、機械化による生産性向上と高所作業の危険性の低減を図るため、JR西日本は人型重機ロボットと鉄道を組み合わせた多機能鉄道重機を開発したとのことです。建設車両、発売動画を掲載しています。オペレーターは、車両のコックピットにあるVRリンケージを介して鉄道の保守と修理を行います。操作中、オペレーターは1対のハンドルを持ち、VRヘッドセットを装着し、モーショントラッキングを介して制御し、ロボットの腕と手を動かして操作を実行します。 。

当時発売された試作品は、人間が高所で手作業で作業を行うのではなく、クレーンの前端に設置されたヒューマノイドロボットがクレーンを介して現場に近づくことを可能にしました。開発コンセプトはインタラクティブな操作性でした。コントロールレバー、ロボットの動きが同時に動き、ロボットの重量と反動もオペレーターにフィードバックされます。また、人間のようにさまざまな形状を保持できるため、さまざまな状況である程度の柔軟性を持って操作できます。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.