原材料価格が上昇し、日本のケータリングが地元の食材に「戻る」

「日本経済新聞」は23日、円安が続くことで、日本の小売店、食料品店、食品メーカーが輸入原材料を「手ごろな価格」に、高値で知られる日本の国産品の価格が割安になっていると報じた。 。利点。しかし、日本の食料自給率は現在40%未満であり、輸入原料を国産原料に置き換えることは、コスト危機を根本的に解決することはできません。高齢化により、過去5年間で日本の農業人口は20%減少し、国内の農業生産を支援することが困難になっています。

報告書によると、日本のデザートブランドのシャトレーゼは、国産原料に切り替えることで、毎年約1億円から2億円の調達コストを節約できると考えています。同社は、2022年もアイスクリーム、ケーキ、どら焼きなど約400商品の価格を据え置き、原材料を調整することで製造コストを削減する計画だ。 4月以降、日本のコンビニエンスストア711は、お弁当など一部の商品に使用されている鶏肉を地元の商品に置き換えました。以前は、711はタイチキンを使用していました。購入元を多様化することで安定供給を実現していきます。また、他のアイテムでより多くの国産食材を使用することを検討しています。

さらに、日本の外食産業はますます国産米を購入する傾向があります。日本の惣菜チェーンである平井社長は、「お店の料理には基本的に国産米が使われている」と語った。かつてこのブランドのカレーライスとチャーハンは、毎年約300トンのアメリカ米を使用していました。日本の農林水産省の統計によると、米国から輸入された日本米のコストは、今年、前年比で約30%上昇しています。

価格が上昇し続けている混合飼料の分野でも、手探りで購入を調整する傾向があります。日本のプリマハムは、国内子会社が運営する養豚場で使用している飼料を、輸入小麦から国産米への転換を試みており、コストを確認した上で、国産飼料の増量を検討する。

円安と世界的なインフレの影響を受けて、より多くの日本の産業が直接製品価格を上げることを選択します。朝日新聞によると、日本の三菱自動車とマツダは、原材料価格の高騰により、2022年秋から日本で販売される一部のモデルの価格を3%引き上げることを決定しました。将来の関連モデル。JPY。

日本放送協会(NHK)のウェブサイトの分析によると、三菱自動車とマツダはモデルを大幅に改善することなく価格を引き上げました。これは、常に競争の激しい日本の国内自動車市場では非常にまれな動きです。日本の自動車会社は、国内での値上げには特に慎重ですが、三菱自動車やマツダの影響で、さらに車価上昇の波が拡大することが予想されます。トヨタ、ホンダ、その他の自動車会社は最近、値上げの検討を表明した。日本自動車工業会は、同協会内の自動車メーカーが原材料価格の高騰により今年度の利益は前年度比2.5兆円減少し、急激に上昇する生産コストを消費者に転嫁しなければならないと見込んでいる。

自動車などの複雑な工業製品に加えて、日本人の日用品もさまざまな程度で価格が上昇しています。 20日の「日本経済新聞」のレポートによると、日本のイオングループは7月から自社ブランド製品の一部の価格を引き上げ、その中でマヨネーズ、ペーパータオル、カップヌードルの価格は4%〜25%上昇します。イオングループは、7月以降は可能な限り約5,000の自社ブランドの価格を維持するよう努めるとしているが、円安や原材料価格の低下により、調整の可能性を排除するものではない。将来の商品の価格。

日本の西友グループはまた、7月から食品や日用品を含むいくつかの自社ブランドの価格を引き上げると発表した。西友グループの担当者は、経済見通しは不透明で、顧客の財布は「非常にタイト」だと語った。

国内のラーメンメーカー、コーヒー会社、ハンバーガーチェーン、牛丼チェーン、さらには日本の国内航空会社でさえ、最近値上げしたり、値上げを検討したりしています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.