政策支援と経済的理由により、65歳以上の日本の人口の4分の1はまだ働いています

高齢化の国際基準は、65歳以上の国の人口の7%以上を占めるというものです。日本の現在の高齢化は過小評価されるべきではありません。日本の総務省が2021年9月に発表した関連データによると、日本の65歳以上の高齢者の数は3,640万人に達し、総人口の29.1%を占めています。

2020年の日本の65歳以上の就業率は25.1%で、9年連続で上昇しています。この数字は、米国で18%、カナダで12.8%、英国で10.5%、ドイツで7.4%、イタリアで5%、フランスで3.3%であり、すべて日本よりも低くなっています。

日本で雇用されている高齢者の半数は企業から提供されており、その80%近くが臨時雇用やアルバイトなどの非公式な仕事です。日本のさまざまな産業の高齢者数の観点から見ると、卸売・小売業が最も多く、128万人に達している。続いて、農林業で106万人、サービス業で104万人、製造業で92万人が続いている。

日本の高齢者の高い就業率は、政策支援だけでなく、経済的理由によるものです。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.