日本の半導体機器の売上高は、最初の5か月で過去最高を記録しました

日本半導体製造装置協会(SEAJ)の統計によると、2022年5月の日本におけるチップ装置の売上高は、前年同月比0.8%増の3,077億1,800万円となり、17ヶ月連続の売上高となりました。史上2度目の記録を打ち立てました。

日本のチップ機器の累計売上高は、2022年1月から5月にかけて1兆5,291億1,700万円となり、前年同期比30%近く(28%増)となり、過去最高を記録しました。前年同期。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.