5月の日本の自動車メーカー上位8社の国内生産は前年比16%減

日本の大手自動車メーカー8社は29日、5月の国内生産台数は396,433台で、前年同期比16.0%減と発表した。

部品供給の停滞と世界的な半導体不足の影響を受けて、3社の自動車メーカーの生産量は前年比で大幅に減少しました。そのうち、トヨタは前年同月比28.5%減の144,204台で、1月以来最大の減少(32.2%減)となった。滋賀第2工場(滋賀県竜王町)の一時停止により、ダイハツ工業は54.5%減少しました。また、マツダも30.2%と大幅に減少しました。一方、日産の主要小型車「NOTE」の生産台数は、前年比77.9%増。昨年の工場閉鎖の基本効果の影響を受けたホンダは、57.7%急増した。スズキ、スバル、三菱自動車もベース効果により増加した。大手自動車メーカー8社の世界生産台数は、前年同月比0.2%減の1,621,866台で、前月の20.1%から縮小した。世界の販売台数は16.2%減の1,750,883台。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.