日本での大規模な通信障害は4000万人近くに影響を及ぼしています

2日の早朝、日本で2番目に大きな携帯電話会社であるKDDIは、機器の問題により突然の通信障害に見舞われ、日本社会全体に大きな影響を及ぼしました。

KDDIは、日本で2番目に大きい携帯電話会社として約3,100万人の携帯電話ユーザーを抱えており、同社の回線をリースしている他の事業者を含めると、影響を受けるユーザー数は約3,915万人と多く、日本の約3分の1に相当します。人口。また、障害により、関係者が緊急電話をかけることができなくなったため、日本の消防署などは、固定電話や公衆電話を使って助けを求めるように国民に呼びかけました。モバイル通信に加えて、障害はインフラストラクチャの他の側面にも影響を及ぼしました。

共同通信によると、日本の通信事業者であるKDDIは、7月3日の現地時間12時頃に西日本での移動体通信障害の復旧が完了したと発表した。ただし、トラフィックを制限するための対策はまだ進行中であり、回線の完全な復旧時間はまだ決定されていません。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.