東京の9日間の高温、1875年以来最長の記録

最近、北半球の多くの国が熱に包まれています。日本の首都圏の中心部の気温は昨日(7月3日)35.3℃に達し、35度を超える暑さで9日連続で、1875年の観測開始以来最長の記録を更新しました。

日本気象ニュースによると、本州周辺は太平洋の高圧が続いているため、朝から関東各地が暑かったとのことです。その日の正午12時、東京都心の気温は摂氏35.3度に達した。東京は6月25日から9日間連続で35度を超える高温を経験し、2015年7月31日から8月7日までの8日間連続の記録を更新しました。

東京に加えて、日本の他の多くの場所は、高温と極度の暑さに苦しみ続けました。昨日の午後1時現在、全国18地域の気温が35度を超え、420地域の気温が30度を超えた。猛暑の影響で先週から東京の1,445人が熱中症で病院に送られ、6月に17人が熱中症で亡くなり、そのうち16人が60歳以上の高齢者でした。夜9時を過ぎても、東京の気温は30度を超えており、市民はとても暑くて眠れません。

当局は、屋外での会話が少ないときに熱射病を防ぐために、水を追加し、エアコンを適切にオンにし、マスクを外すように一般市民に呼びかけています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.