日本は、自動車や建物などを対象とした5G対応のガラスアンテナを開発しています

日本電気硝子は7月2日、高速通信規格「5G」に対応したガラス素材アンテナを開発したと発表しました。

同社は、5G通信エリアを拡大し、ガラスアンテナの商品化を加速する必要性を捉えようと努めています。開発したアンテナは、「比誘電率」(値が小さいほど電波の減衰が少ない)の世界最小のガラス基板を使用しているとのことです。透明なので、建物の景観やデザインに影響を与えることなく設置できます。車の。

また、日本電気硝子は、壁に設置して屋内外の電波通信を実現し、電波の方向を変えることができるガラス製の電波中継装置を開発しました。主流の樹脂材料等に比べ、紫外線による劣化が少ないなどのメリットがあります。

報道によると、最近、日本政府は「デジタルガーデンシティ国家概念」の基本政策草案を提案しました。草案は、2023年末までに5G移動体通信システムネットワークの人口カバレッジが95に増加すると指摘しました。 %、2027年末までに高速インターネット通信が可能になります。99.9%の世帯が光ファイバー回線で覆われています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.