日本の地方自治体が洋上風力発電評議会を設立

共同通信は7月29日、洋上風力発電建設推進地域である秋田県能代市を含む6市2町が、脱炭素化と地域活性化の両方を考慮して全国評議会を設立したと報じた。この協定は、日本政府が提案した「グリーン成長戦略」に関連する洋上風力発電の最先端技術と先例から学び、漁業との共生を含む地域全体の活性化政策を共有します。

日本政府は、洋上風力発電の導入を拡大するために、これまで秋田、千葉、長崎の沿岸地域を推進地域として指定してきました。指定を取得するための準備が行われている分野もあります。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.