通信事業者のKDDI通信障害は3,091万人以上に影響を及ぼし、日本の歴史上最大の障害となっています

日本の総務省は7月28日、今月初めに日本の通信事業者KDDIの大規模な通信障害に関する調査報告書を発表した。報告書によると、通信障害は61時間25分続き、3,091万人以上が影響を受け、2018年のソフトバンク通信障害を上回り、日本史上最大の障害となった。

現地時間の7月2日、KDDIの移動体通信サービスは全国的に停止しました。 KDDIによると、この問題は音声通話システムの誤動作によるものであり、低価格のUQ Mobileブランド、低価格の「povo」ワイヤレス顧客、およびKDDIのネットワークを使用している他の企業にも影響を及ぼしたという。

KDDIインフラストラクチャーは、日本で2番目に大きな携帯電話事業者であり、今年3月の時点で約6,200万人の携帯電話加入者がおり、そのうち約3,100万人がau、UQ Mobile、povoブランドの個人契約ユーザーでした。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.