日本の工場からの電子部品の出荷は現在増加しており、コンデンサは1,000億を超え続けています

日本電子情報技術産業協会(JEITA)は7月29日に統計を発表し、日本の工場からの電子部品の世界的な出荷が再び増加し、コンデンサの出荷が21ヶ月連続で1,000億円を超えたと指摘した。

報告書は、中国からの需要は引き続き縮小しているものの、欧米からの需要の急増と円安により、2022年5月の日本の電子部品工場の世界出荷台数は7.8増加したと指摘している。前年同月比3,430億円。日本円は21ヶ月で20回目の成長を遂げ、月間出荷台数は21ヶ月連続で3,000億円を超えた。

地域別では、5月の日本向け電子部品の出荷額は前年同月比0.3%減の645億円、南北アメリカ向けの出荷額は28.8%増の406億円、欧州向けの出荷額は16.2%増の16.2億円となった。 374億円、スマートフォンなどの電子機械組立工場が集まる中国市場への出荷額は1.3%減の1,215億円、その他のアジア諸国への出荷額は18.8%増の789億元。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.