トヨタは新型コロナウイルスの影響で日本の工場で一部生産を停止

トヨタは8月9日の声明で、愛知県の堤工場で合計16人の従業員がウイルスに感染していることが判明し、生産作業に十分な従業員を確保することが困難になったと述べた.同社の広報担当者はメディアに対し、閉鎖により自動車生産が約660台減少すると語った。

今年の4月から6月にかけて、トヨタは中国でのコロナウイルスのロックダウンと世界的なチップの供給不足により、数回の生産削減を行い、実際の生産量は当初の生産計画を約10%下回りました。その後、同社は生産を大幅に増やすことを望んでいますが、日本での国内の流行は再びトヨタの生産に影響を与えました.

7月下旬、トヨタは同じ理由で別の工場の夜勤を停止し、閉鎖は2日間続いた。しかし、世界最大の自動車メーカーである同社は、年間の世界生産目標を 2023 年 3 月まで引き下げておらず、現在は 970 万台となっています。トヨタは、今月から生産と販売が回復し始めると述べた。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.