日本の人口は13年連続でマイナスになり、高齢者人口の割合は過去最高を記録

9日の共同通信ホームページの報道によると、総務省が8月9日に発表した人口動態調査の結果によると、今年1月1日現在、日本の総人口は約123人。百万人、前年比62万人近く減少、13年連続のマイナス成長。。また、65 歳以上の日本人の割合は 29% に増加し、1994 年に統計が開始されて以来、新たな記録を打ち立てました。

報告書によると、調査結果によると、今年1月1日の日本の総人口は、2021年と比較して726,000人減少し、0.57%減少しました。削減の数と規模は、2013 年に比較可能なデータが利用可能になって以来最大でした。

日本の人口は13年連続でマイナスになっています。減少の主な原因は、出生数が過去最低の約 81 万人に減少した一方で、死亡数が過去最高の約 144 万人に増加したことです。

報告書によると、日本の都道府県に関しては、人口減少が最も大きかったのは東京都で、48,592 人減少しました。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.