調査によると、日本では今年 20,000 種類以上の食品の価格が上昇します

日本放送協会のテレビ報道によると、9月1日に日本帝国データベース社が発表した調査結果によると、原材料価格の高騰と円安により、20,000種類以上の食品が消費されると予想されています。今年も日本で値上げ。

調査によると、日本では先月、合計2,493種類の食品が値上がりし、9月は2,424種類の食品が値上がりし、10月は6,532種類の食品が値上がりし、最も値上がりした月となった。集中的な食品価格は年間を通じて上昇します。今年は20,056種類の食品価格があり、平均14%上昇すると予想されています。

値上がりした食品の種類は、加工食品と冷凍食品が8,530種類と最も多く、調味料が4,651種類で2位、酒類・飲料が3,814種類で3位となっています。報告によると、調査に参加した日本の主要な食品および飲料メーカー105社のうち82社が、原材料価格の高騰と円安により、今年は自社製品の価格が上昇した、または値上げを計画していると述べています。年間を通して。

エンパイア データベースによると、食品価格の値上げの波は 10 月にピークに達しますが、電力と食用油の価格が高いままであるため、今後も断続的に値上がりする可能性があります。 9 月 1 日の円相場は 1 ドル 139.59 円まで下落し、1998 年 9 月以来の安値となった。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.