トヨタは日本の2つのエンジン工場をバッテリー工場に転換

メディアの報道によると、内燃機関車から電気自動車への移行を加速している日本の自動車メーカー、トヨタは、国内の 2 つのパワートレイン工場をバッテリー生産拠点に転換する予定です。 工場の改造は、トヨタが先週発表した56億ドルの投資計画の一部です。

トヨタのグローバル本社の近くにある下山エンジン工場と明知パワートレイン工場は、電気自動車用バッテリーを生産するために改造されます。両工場でのバッテリー生産は、トヨタとパナソニックのバッテリー合弁会社であるプライム プラネット エナジー & ソリューションズが担当します。

2011年現在、燃料電池車のエンジンと燃料タンクを製造するトヨタの下山工場には、1,700人の従業員がいます。 Mingzhi 工場は約 1,500 人の従業員を擁し、鋳造および機械加工されたパワートレインと樹脂部品を生産しています。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *