日本のサービス部門の活動は、ウイルスの再燃の中で8月に5か月ぶりに縮小しました

月曜日のビジネス調査によると、日本のサービス部門の活動は、コロナウイルスの発生の再燃が需要を傷つけたため、8月に5か月ぶりに縮小した.

じぶん銀行日本サービス購買担当者指数 (PMI) は 8 月に季節調整済みの 49.5 まで下落し、3 月以来初めての縮小となった。初値の 49.2 よりはわずかに改善しましたが、7 月の 50.3 からは減少しました. 50 は縮小と拡大の境界線です.

サービス会社の平均コスト負担は、8 月に大幅に増加しました。これは、エネルギー、燃料、原材料のコストの上昇により、企業が引き続き料金をわずかに引き上げたためです。

製造業とサービス業を含む日本の総合 PMI は、7 月の 50.2 から 8 月には 49.4 に低下し、2 月以来初めて縮小した。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *