日本政府は、安倍首相の国葬の費用が16億6000万円であると発表した

日本のNHKテレビ局の6日の報道によると、日本の松野弘一官房長官は、日本の安倍晋三元首相の国葬にかかる概算費用を、約16億6000万円と発表した。

日本政府は 8 月末に、9 月 27 日に実施される安倍首相の国葬の費用について、約 2 億 5000 万円の方向で調整中であることを明らかにしました.2 億 5000 万円には、国葬会場の運営費、警備費、強化費、および献身的な費用。 松野氏は5日、安倍首相の国葬費用は、先に発表した2億5000万円のほか、警備費や外国要人の接待などで14億円以上、合わせて16億6000万円に上ると明らかにした。

多くの日本政府高官によると、安倍首相の国葬には6,400人が参列する予定で、第二次世界大戦後に国葬を執り行った唯一の吉田茂元首相より多い。 しかし、国葬を行うという政府の決定は、日本で多くの論争を巻き起こしました。 日本の多くのメディアによる最近の世論調査によると、日本人の半数以上が安倍首相の国葬に反対している。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.