日産がジャパンオートエナジーを買収

9 月 9 日、日産自動車株式会社は最近、ビークル エナジー ジャパン株式会社の買収に関する最終合意に署名し、規制プロセスと関連する承認を通過した後に買収を完了する予定です。

この度、日産は、株式会社日本産業革新機構(INCJ)が保有する株式会社ジャパン オートモーティブ エナジーの普通株式を取得し、日本オートモーティブ エナジー株式会社が発行する普通株式を引き受けます。取引完了後、ジャパンオートエナジーは日産自動車の連結子会社となる。同時に、日産は、既存株主であるマクセル株式会社および日立アステモ株式会社と、株式会社ジャパン オートモーティブ エナジーの株式を共同保有します。

ジャパン オートモーティブ エナジー株式会社は、ハイブリッド車用リチウムイオン電池と電池モジュールを中心に、セルから電池パックまでの一貫生産体制と高度な電池管理システム技術を有する、自動車用リチウムイオン電池事業を専門とする日本のエネルギー企業です。電池管理システムなど、発展の可能性が大きい分野の研究開発、生産、販売。

日産は、電動化を同社の長期開発戦略および長期開発ビジョン「Nissan Ambition 2030」の中核に据え、旅行と社会により多くの可能性を提供し、常により大きな価値を創造し、未来のモビリティに力を与えています。日産の主要サプライヤーの 1 つであるジャパン オートモーティブ エナジー株式会社は、電気駆動戦略の実施において重要な役割を果たします。この投資により、日産はバッテリーの安定供給が可能になるだけでなく、より高性能で費用対効果の高い次世代の自動車用バッテリーを開発することができます。

日産自動車、マクセル、日立アステモなどの株主の支持を得て、ジャパンオートエナジーは日産を支援し、より多くの消費者に車載バッテリーの安定供給を提供していきます。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published.