日本の浜岡原子力発電所でフロン漏れが発生し、昨年は110トンの水が漏れました

11 月 1 日の日本の静岡朝日テレビのニュースによると、中部電力は 10 月 31 日に浜岡原子力発電所でフロンの漏えいを確認したと発表した。

中部電力によると、10月31日午後2時40分、浜岡原子力発電所4号機の中央制御室で突然警報灯が点灯し、データによると、原子炉のフロン濃度が高かった。冷蔵庫は最大アラーム設定値の62ppmを超えていましたが、その後も下降を続けていました。同社によると、事故による人体への影響はまだ確認されておらず、現在、フロン漏えいの原因を調査中です。

2021年には浜岡原子力発電所で漏水事故が発生し、総漏水量は110トンを超え、そのうち約15トンが原子炉のある建屋に流出しました。

菅沼いつみ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *